納屋Cafe 岡山  1級建築士とインテリアデザイナー夫婦が自宅<農業納屋>をリノベーション。

リノベの現場「最後の工事はウインドゥトリートメント」編

T様邸
工事としての最後は
ウインドゥトリートメント

道路の下にある家。
2階の窓が道路に近い高さです。
照明をつけると
外から内部が丸見え状態です。

そこで
こんな機能窓飾を使う事にしました。
e0359584_18472336.jpg
プリーツスクリーンといいます。
蛇腹の不織布がモダンな雰囲気の
昇降タイプの窓装飾です。

上下にレースと厚手生地がついていて
厚手生地で全面閉める~から
レースで全面開けるまで・・・・
その途中は自由なところで
止めることができます。


この窓装飾の特徴は
生地の種類を上下どちらにも
設置できること。

この写真は
上部=レース
下部=厚手
としたもの。

外の道路からの目線を遮断でき
上部から光も入る・・・・という
優れモノ。
カラーはシックなココアブラウン。
e0359584_18463456.jpg
外からの様子です。

横の小窓には
明るい煉瓦色のロールスクリーン!
e0359584_18460407.jpg
ここだけ雰囲気をかえたのは
奥様のアイデア・・・
これがポイントになって素敵!
奥様お手柄です。


1階のタタミコーナーには
バンブーブラインド
e0359584_18453410.jpg
e0359584_18513607.jpg
木製ブラインドの雰囲気で
リッチ感があるのですが
お値段はグッとリーズナブルです。

睡魔が襲って保存のつもりが寝ぼけて
公開したようです。

もうすこし続きを。
(笑)

コーナーに付いている
横材、
付け長押(つけなげし)と言います。
元々は柱と柱を繋ぐ
構造・横架材でしたが
ここでは
装飾兼フック付け。

バッグやコートなどちょっと
掛けるのに便利です。

本来は、柱を固定するための構造材だったものが、
だんだんと装飾するための部材となっていき、
現在ではハンガーやフックを掛けるために「付長押(つけなげし)」と
いうものをわざわざ取り付けたりする場合もあります。
<ネットより>


最後に
元々のカーテンレールとカーテンを
再使用する場合
レールの取り付け位置を
前と同じにしないと
カーテンが寸足らずになったり
床に引き摺ったり・・・

しっかり位置を確認しましょう。
どうしても分からなくなった時は
カーテンの高さの実寸を計って
伝えましょう。
それに合わせてレールを付けてくれるはず!
勿論レールの下地が必要ですよ。



[PR]
Commented by yayoi9355 at 2018-01-19 01:53
最近はブラインドやプリーツスクリーンなど、窓の表情にも色々と変化がつけられて楽しいですね。
取り付けも意外に簡単でプライスにも幅があるので選択肢が広くて助かります。
そろそろ和室の窓をなんとかしたいと思っていたところなので、参考になりました。
週末にでも色々見に行ってみようかな(笑)
Commented by nayacafe-2950 at 2018-01-19 06:38
> yayoi9355さん
ウインドウトリートメントは家づくりの最後なので
その家の印象を左右する結構大事な所だと思っています。
昔、図画の時間、下絵は抜群なのに色をつけると残念!な子いたでしょ・・・(笑)
あの感じ。家は素晴らしいのに・・・って。よくあるお話して。

和室の窓、ここの所ハマっているのは、<バーチカルブラインド>縦型のブラインドです。
以前は事務所・・・って感じでしたが今はたくさん色も、素材も種類があって面白い。
あの直線が潔くって気持ちイイ・・・「日本的」・・・なんちゃって。
独断と偏見ですが。うふっ
by nayacafe-2950 | 2018-01-14 23:33 | リノベのイロハ塾 | Comments(2)