納屋Cafe 岡山  1級建築士とインテリアデザイナー夫婦が自宅<農業納屋>をリノベーション。

リノベの現場「住んでみないと分からない事!困った・・・」編

昨年の暮
友人の現場の
ウインドゥトリートメントの
お手伝いをさせて頂いた
Y邸

憧れの平屋をリノベーションされました。
素敵に竣工して、ここで
新年を迎えられました。
e0359584_18560705.jpg
広いデッキにパーソナルチェア!気持ちよさそう。
昨日はちょっと寒かったけれど・・・
大きな建具は古い民家から頂いた物だそう
e0359584_18561712.jpg
玄関入った正面の壁
ステンド作家さんのポイントは
個性的!
e0359584_18564240.jpg
内部からデッキを臨む
e0359584_18570378.jpg
大きな一部屋に2畳のタタミコーナー。
1段上がって下は収納です。
e0359584_18565395.jpg
元々あった襖をモダンに貼り替え・・・
組子の桟が1本折れているのも
リノベのご愛嬌(笑)
e0359584_18571137.jpg
(この収納の左に見える高窓が今回の主役。)

そのYさんより
相談のメール。

キッチンに明かりとりで設けた
天井下の高窓
東南の位置のため
朝日~日中までしっかり
陽が差し込む・・・
それが思いのほか!想像以上に
きつい日差し・・・
頭のうしろ、首にかけて
ジリジリと熱いのだそう。
明かりとりにはとても気に入っているけど・・・
<あちらを立てればこちらが立たず状態!>

そう言う事って
住んでみないと分からないのです。

そこで、何か
遮熱になる手立てがないかしら・・・
という相談でした。

この窓、明かり取りだけで
FIX(ガラスをはめて固定された窓)なら
問題はなかったのですが
風も呼び込みたいと云う事で
開閉のためのチェーンと、メカがついています。
これが結構大きい。

ン~~ん困った。
枠の中に遮熱のロールスクリーンを付けようと
思ったのだけどメカが邪魔して
無理だなぁ~

あんまり不細工な事したくないしね・・・
せっかく素敵なおうち。
(設計した友人も悲しむし~~笑)
さて次回までちょっと考えさせてね~と
宿題になりました。

こういう事って
リノベに限らず新築でもあります。
まわりの環境やご近所の建物の様子で
変わる事・・・
ほんとに住んでみて分かる事。

そんな時どうするか・・・
できるだけ良い方法、
カーテン工事のチーム仲間と
考えてみます。

さて・・・・・・どうなりますか・・・!





岡山在住、もしくは近隣にお住まいの方
是非建築談義・相談にお越し下さい。
(納屋Cafeでお待ちしています!)

ワタシ達世代の「新築至上主義」から
脱却し少しづつ古い物を見直す流れが
若い人を中心に起こっています。

この流れはとても良い事だと思っていますが
間違ったリノベーションが横行し始めている事も
事実です。きちんと素敵に適正価格・・・・で
若い人も、アラ還世代にもリノベはおススメです。



1級建築士事務所 あたらし屋(夫)
FUKUKOTO HANDWORKS(妻)
毎月第1金・土OPEN 不定休
イベントと重なる事があります。お問合せください。
お問合せはメールにてお願い致します。

〒709-0625 岡山市東区上道北方 265
mail・・・info@fukukoto.com











[PR]
by nayacafe-2950 | 2018-01-14 10:34 | リノベのイロハ塾 | Comments(0)