納屋Cafe 岡山  1級建築士とインテリアデザイナー夫婦が自宅<農業納屋>をリノベーション。

リノベのイロハ塾「玄関のタイル大きさを検討中・・・」編

現在進行中の現場
玄関の床タイルをどんな物にするか
ショールームに出かけて来ました。

一昔前、
豪華に見える!と
人気だった
大きなタイル!30㎝角

でも濡れた時滑りやすい!
靴がタイルの中にすっぽりハマって
ツルっと。
(特に、チビッ子やお年寄り)

なので目地の多い小さいタイルの方が
滑り止めになって
安全ということでした・・・確かに。

(こんなポスターを以前作ったことがあります。)
e0359584_09005961.jpg
(拙い絵で・・・汗)


ところが、これは
ひと昔まえのこと。
店舗などで
滑って転ぶ事故が発生!

いまでは
タイルの表面自体に
滑り防止がされているのだそうです。

確かにザラザラ・・・
でもちょっと
まだ
不安なワタシがいて。
面積も少ないし
せっかくリハビリで回復した歩行!
もしもの転倒は避けねば・・・
ということで
今回は20㎝角で行かせて貰おうかなぁ~と
思っています。
(20㎝ごとの目地だと必ず目地に靴が掛かります。)
慎重すぎるかしら・・・


さて、ショールームでの
お話はまた。




岡山在住、もしくは近隣にお住まいの方
是非建築談義・相談にお越し下さい。
(納屋Cafeでお待ちしています!)

ワタシ達世代の「新築至上主義」から
脱却し少しづつ古い物を見直す流れが
若い人を中心に起こっています。

この流れはとても良い事だと思っていますが
間違ったリノベーションが横行し始めている事も
事実です。きちんと素敵に適正価格・・・・で
若い人も、アラ還世代にもリノベはおススメです。



1級建築士事務所 あたらし屋(夫)
FUKUKOTO HANDWORKS(妻)
毎月第1金・土OPEN 不定休
イベントと重なる事があります。お問合せください。
お問合せはメールにてお願い致します。

〒709-0625 岡山市東区上道北方 265
mail・・・info@fukukoto.com











[PR]
by nayacafe-2950 | 2017-10-03 09:25 | リノベのイロハ塾 | Comments(0)