納屋Cafe 岡山  1級建築士とインテリアデザイナー夫婦が自宅<農業納屋>をリノベーション。

リノベのプラン「そのご家族の暮らし安さが第1ですから~~」編。

甘~~い
葡萄の匂いに包まれながら
(今日も干しブドウ作り中)

せんじつのリノベの打ち合わせを
振り返っています。

メーカーのショールームに行って
設備を見ながら
ショールームのスタッフの
流暢な!説明を聴きながら

えっ・・・それはホントに必要なの?とか
こっちの方がTさん邸には
便利のような・・・とか
メーカーさんに嫌われそうな
突っ込みを入れるのが
ワタシの役目。

でも、今回は
わたしも初めてが多々あり
チョット勉強不足だなぁ・・・と
実感。反省。

もう一度ご夫婦おふたりの
暮らし方をシミュセーションしながら
思い起こしてみています。

と、いうのも
介護用の設備・・・といえば
お決まりの型番が当然のように
用意されていて
当たり前に提案。

たとえば浴室。
右手に障害があるのなら
「こう、ですね。左に湯船に入るための椅子をつけてます・・・」と
でも
それぞれ
色んな入り方があるんですよ!!
自分の入り易いポジションが!!!

ちゃんとヒアリングすると
一度背中を向けて座って
カラダを安定させてから
くるっと廻って入るのがベストです・・・と言われます。

じゃぁ、この椅子ちょっと邪魔ではありませんか。
「当然!」はありませんから。

勿論たたき台なので
そこからどんどん変えていけばよいのですが
なかなか言えないらしいのです。

エレベーターも然り。
e0359584_15270416.jpg
e0359584_15270214.jpg
e0359584_15270053.jpg

油圧式orロープ式??
車椅子仕様??
2方開閉???
それぞれのメリット、デメリット

もう少し勉強してみます。
金額比較もいるし・・・・ね。

さぁ、頑張ろう~




岡山在住、もしくは近隣にお住まいの方
是非建築談義・相談にお越し下さい。
(納屋Cafeでお待ちしています!)

ワタシ達世代の「新築至上主義」から
脱却し少しづつ古い物を見直す流れが
若い人を中心に起こっています。

この流れはとても良い事だと思っていますが
間違ったリノベーションが横行し始めている事も
事実です。きちんと素敵に適正価格・・・・で
若い人も、アラ還世代にもリノベはおススメです。



1級建築士事務所 あたらし屋(夫)
FUKUKOTO HANDWORKS(妻)
毎月第1金・土OPEN 不定休
イベントと重なる事があります。お問合せください。
お問合せはメールにてお願い致します。

〒709-0625 岡山市東区上道北方 265
mail・・・info@fukukoto.com











[PR]
by nayacafe-2950 | 2017-08-24 00:20 | リノベのイロハ塾 | Comments(0)