納屋Cafe 岡山  1級建築士とインテリアデザイナー夫婦が自宅<農業納屋>をリノベーション。

美術館巡り先ずは「県立美術館へ!はじめてゆっくり外観!」編。


岡山県立美術館
よっぽど興味がないと
なかなか行けないスポットですが
今回夫のリクエスト+FUKUKOTO仲間Sさんの
お薦めもあって行ってきました。
「浮世絵揃い踏み」展

人気企画らしく駐車場待ちの車の列・・・
しばらく待っている間
ふとみると
今までゆっくり見る事のなかった
美術館外観

e0359584_21532079.jpeg
御影石の外装は中々重厚で・・・
同じ御影石の表面仕上げが違うものを
組み合わせたデザインです。

凸凹に表面をはつった荒々しい仕上げと
綺麗に磨いた鏡面仕上げ。
同じ素材だけど
違う素材感に加工して上手く使っていますね~~
凸凹の部分は
苔?汚れ?カビ?なのか
黒く変色部あり・・・
「経年美」になっていけばいいけど!


実は、
インテリアでも色や柄ではなくて
「素材感でインテリアをデザインする!」と
いう方法があります。
結構好きです(ニンマリ)
土・紙・木・草・ガラス・布
etc.
シンプルだけど味があります。
昔ながらの
「和」のインテリアはこれにちかいのかな。


e0359584_21583071.jpeg
奥の方、目立たない所にあった
中庭の定礎。1987

最高裁判所等設計した
岡田新一設計。
もう、30年経ったんだ。


やっと中に入った
「浮世絵揃い踏み」展
これが待った甲斐あり!!
とても素晴らしい企画でした。
夫とふたり溜め息・・・
何時間、見入ったかしら。
イエ、みんな動かないのです。
素晴らしくて・・・
e0359584_21550277.jpeg
勿論、カメラNGだし、
言葉では伝えきれないので
是非ぜひ、お出かけください!!
お薦めです。

この後、お気に入りの
「夢二美術館」へと
足をのばします。

それはまた・・・



岡山在住、もしくは近隣にお住まいの方
是非建築談義・相談にお越し下さい。
(納屋Cafeでお待ちしています!)

ワタシ達世代の「新築至上主義」から
脱却し少しづつ古い物を見直す流れが
若い人を中心に起こっています。

この流れはとても良い事だと思っていますが
間違ったリノベーションが横行し始めている事も
事実です。きちんと素敵に適正価格・・・・で
若い人も、アラ還世代にもリノベはおススメです。



1級建築士事務所 あたらし屋(夫)
FUKUKOTO HANDWORKS(妻)
毎月第1金・土OPEN 不定休
イベントと重なる事があります。お問合せください。
お問合せはメールにてお願い致します。

〒709-0625 岡山市東区上道北方 265
mail・・・info@fukukoto.com











[PR]
by nayacafe-2950 | 2017-08-16 00:11 | 建築談義 | Comments(0)